何でも聴く屋音楽オタクの日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 【tips】 Propellerhead Reasonについて

<<   作成日時 : 2017/04/06 14:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは、立夏です。今回は久々にDTM記事ということで、再び今の視点で私の使用しておりますソフトシンセReasonを紹介していきたいと思います。

一般的にはテクノやヒップホップなどを作曲する方が使用されているDAWソフトになります。近年では、EDMの作者で使っている方もおられるようです。


ソフトとしての特徴としては、Vstプラグインを未だに採用せず独自のライブラリでプラグインや音色(おんしょく)ライブラリを持つっていうのが第一かなーって。ちなみに、Refill(ライブラリ)やRack Extension(拡張のプラグイン)っていいます。

特にReasonを単独で使ってる方は、これらを沢山もっているか、プリセットを必要な時に自作しているかの二択感がします。


もう一点が、モジュラーシンセを忠実に再現したデジタルとアナログの融合、という面です。実際にハードシンセのような複雑な配線が音源やマージャーを使って行えます。

ちょっと記事古いけどこんな感じ→https://allabout.co.jp/gm/gc/204637/all/

これで何ができるかっていうと、色々な音が作れるんです。減算式シンセを組み合わせるとか、音色同士をキーボードっぽく重ね合わせるとか・・・「材料はあるから頑張ってね」って感じです。


内蔵音源では確かに一般的に言われる通りシンセ音色の方が強い・・・というより付属で割と揃っているのです。一つ二つ漁ってきて、それで進シンセリードにしてることもありますw

といいつつ、優しい生音に関しても段々揃ってきてるのでなかなかに楽しいソフトでございます♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【tips】 Propellerhead Reasonについて 何でも聴く屋音楽オタクの日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる